豊富なビタミンで病気予防に

すっぽんには豊富なビタミンが含まれています。
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンEというのが主な成分です。
ビタミンAは皮膚や粘膜の正常保持、視覚の正常化、成長および分化に関与しているために、不足すると皮膚や粘膜の乾燥、夜盲症、成長障害などが起こります。
ビタミンB1が足りなくなってしまえば、ブドウ糖はエネルギーになりきらず、乳酸という物質に変わって、疲労の元になってしまいます。

ビタミンB2には成長促進や皮膚や粘膜の保護といった働きがあり、不足すると成長障害、脂漏性皮膚炎、口内炎などを引き起こしてしまいます。
ナイアシンは不足すると皮膚炎、下痢、精神神経障害を主症状とする重篤な疾患としてペラグラを引き起こす危険があります。
ビタミンB6はタンパク質、脂質、炭水化物の代謝の補酵素、神経伝達物質である生理活性アミンの代謝の補酵素、ホルモン調節因子などとして働いています。
ですので、不足すると皮膚炎、湿疹、口角炎、舌炎、脂漏性皮膚炎、貧血、麻痺性発作、聴覚過敏、脳波異常、免疫力低下などが起こることがあります。

ビタミンB12はコバルトを含むビタミンの総称で、特にメチルコバラミンとアデノシルコバラミンが、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いているために、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こってしまうのです。
ビタミンDはカルシウムやリンなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関係していますので、不足すると子供ではくる病、成人では骨軟化症などが起こってしまいます。
ビタミンEは細胞膜や脂質に豊富に存在し、それ自体が酸化されることによって多価不飽和脂肪酸の酸化を防止します。
抗酸化作用によって、細胞の老化を防ぎ、また肌の老化も防いでくれるといってもいいでしょう。
すっぽんの栄養素はビタミンだけではありませんが、ビタミンだけでもこれだけの病気を予防するといってもいいでしょう。

Copyright (C) 元気の源 All Rights Reserved.